ヴィジュアル系主義の講義ノート

ヴィジュアル系主義の講義ノート

『全部、妄想なんだ。』@vocal_Kaiの脳内妄想記録

#002 ヴィジュアル系の表記

やぁやぁ諸君。私はMASKと呼ばれている。この館の住人たちとヴィジュアル系研究に興じる一般貴族だ。
ここ最近、世の中に出回る様々な「ヴィジュアル系」表記に疑問を抱いてね。
私なりに考察してみたので聞いてみてくれたまえ。




ヴィジュアル系「表記」の起源

下記記事、ヴィジュアル系の起源にも書いたように、http://vk-rock-note.hatenablog.com/entry/2016/05/14/%23001_%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E7%B3%BB%E3%81%AE%E8%B5%B7%E6%BA%90vk-rock-note.hatenablog.com

「ビジュアル系」という名の由来はX JAPANのコピーが元になっている。

当時…世紀末を過ぎたタイミング、かつグローバル化もどんどん進んでいった背景を鑑みると、Viを「ビ」と表記するのが格好悪い、と雑誌の編集者かバンドマンか…実際のところはよくわからないが、きっと誰かが感じたんだろうねぇ。2000年ごろを堺に、それまでの「ビジュアル系」表記改め「ヴィジュアル系」に置き換わり始めた。

このあたり、かつては「デズ○ーランド」と読んでいた某テーマパークを、いつの間にか人々が「ディ○ニーランド」と呼び変えた時代と同じ流れを感じるよ。

「ヴィジュアル系」の発音問題

しかし面白いのは「ヴィジュアル系」と記述はするけれども誰も「ヴィ」の発音では読まないところだね。非常に日本的で微笑ましい。(そういえば、同様の問題が「ベネチア」「ヴェネチア」「ヴェネツィア」にも顕れているな。)

ともあれ、その表記が出てきて以後、「ビ」ジュアル系の表記を見ることは急速に減っていったんだ。

省略表記として「V系」という表現も同じ頃から出てくるのだけれど、「ビジュアル系」世代の人の大半は未だに「V系」と書いてビジュアル系と読む。

逆に「最近の」、いわゆる「NEOヴィジュアル系」と自称するバンドたちを好む世代の若者が、V系を「ブイケイ」と呼んでいたことに少しジェネレーションギャップを感じてしまったよ。

ちなみに海外ではvkと書いてヴィーケーと呼ぶこともあるようだね。

2016年現在では世界でもかなり知られるようになってきているヴィジュアル系だけれど、特にGothicファッションやメタル文化と親和性の高い、ドイツを始めとしたヨーロッパ諸国…そしてマイノリティー文化を背景に政治問題を抱えるメキシコ、裕福だけれども社会主義のせいで娯楽がないとされるロシアで支持が高いようだね。

私的表記方針

さて。話はそれたけれども、私の中では結論は固まっている。
このサイトでは通常は「ヴィジュアル系」表記表記を使うが、省略形として「V系」表記を使用することもある。
どちらの記述であっても、諸君は頭のなかで、「ビジュアル系」と発音してくれたまえよ。

まとめよう

ヴィジュアル系の記述方法は4種類ある。

① ヴィジュアル系(現在) ② V系(一般) ③ ビジュアル系(古) ④ vk(海外)

発音は下記3パターン。

① ビジュアル系 ②ブイケイ ③ヴィーケー

ここでは「ヴィジュアル系」と書いて「ビジュアル系」と発音するのを推奨するがスペースの関係で省略表記としての「V系」を用いることもある。いずれにせよ、「ブイケイ」読みは頂けない。

さぁ、聴衆諸君。今回の考察ご納得いただけたかい?ご意見があれば、是非コメントを残してくれたまえ。他でもない君の言葉なら、喜んで耳を傾けよう。










↓ この記事がお気に召しましたら、下記ボタンからぜひ布教活動のご協力を ↓